人物 プロフィール

幡野広志のWikiや病状は?鎮静死・安楽死を選ぶ?【ハートネット】

こんにちはumiです

 

2月28日放送の【ハートネットTV】では

 

末期がんで余命3年と宣告されている

写真家の幡野 広志さんが紹介されます

 

幡野 広志さんの病名は多発性骨髄腫という

血液のガンの一種で

ステージ3 

多発性骨髄腫にはステージ3までしかなく

終末期になるんだそうです

 

 

がんの告知を受けた後から

患者目線での率直な思いを自身のSNSで発信されています

 

「奇跡は起きるなどの安易な励ましは嬉しくない」

「頑張って一分一秒でも長く生きて」は辛い治療に患者の事を

考えていない

実際、患者にならないと 本当の気持ちは分かりませんよね

 

写真家の幡野 広志さんの写真展は

2月23日~3月10日まで

TOBICHI東京とTOBICHI京都で写真展が開催中です!

 

幡野 広志さんのWiki的プロフィールや病状

幡野 広志さんが考えている安楽死・鎮静死についても調べてみました

 

スポンサードリンク

 

  1. 写真家・幡野 広志さんのWiki的プロフィール
  2. 写真家・幡野 広志さんの病状
  3. 写真家・幡野 広志さんが考える安楽死・鎮静死とは?
  4. 写真家・幡野 広志さんのまとめ

 

写真家・幡野 広志さんのWiki的プロフィール

名前:幡野 広志(はたの ひろし)

 

生年月日:1983年 現在35歳

 

出身地:東京都

 

父親もがんで 幡野 広志さんが18歳の時に

亡くなったそうです

 

職業:写真家・元狩猟家

5年間狩猟を続けたそうです

2018年4月には

狩猟の現場を写した個展「いただきます、ごそうさま」をされました

狩猟で動物を仕留める様子や

獲物の体や血液が写真に写されています

 

2004年 日本写真芸術専門学校中退

大勢で同じ課題に取り組むのが我慢できなかったそうです

 

 

2010年広告写真家高崎 勉氏に師事

 

2011年には独立され 数々の賞を受賞されてます

 

スポンサードリンク

 

 

写真家・幡野 広志さんの病状は?

幡野 広志さんが体に異変を感じたのは

2017年の夏頃

全身がだるく 背骨や腰に強い痛みを感じたそうです

 

幡野 広志さん自身もぎっくり腰と思っていて整形外科や内科を

受診していたそうです

 

まさか、その時点で「がん」だとは考えませんよね

 

2017年に11月に痛みに耐えきれなくなり

総合病院でMRIを撮り

「背骨に腫瘍がある」「背骨に転移してるということは

相当末期状態です」と告げられ

 

血液のがんの1種である「多発性骨髄腫」と診断を受けたのは

2018年の1月

体調が悪くなると車椅子が必要になり

痛みや全身の倦怠感に襲われ 体力が回復しにくくなるそうです

 

 

写真家・幡野 広志さんが考える安楽死・鎮静死とは?

次ページへどうぞ

1 2
ABOUT ME
@korokoro
3人の息子の子育て真っ最中です いろんな気になるを調べてます! 拙い文章ですが、読んでもらえると もの凄く嬉しいです