事件

連続殺人犯に監禁された17歳美少女リサの生い立ちは?【ワールド極限ミステリー】

こんにちは!

サイト管理人のumiです。

10月21日に放送される『ワールド極限ミステリー』では、

『全米騒然!17歳美少女VS連続殺人鬼!凶悪犯との緊迫の心理戦たった一人生還した奇跡の実話』という内容になっています。

世界では、想像もできないような犯罪がたくさんありますし、

どんな事件なのか気になりませんか?

しかも、被害にあった女性は17歳。

若くして、どうやって凶悪犯から生還したのかも気になりませんか?

今回は、『ワールド極限ミステリー』で放送される

  • 連続殺人犯・シリアルキラーについて
  • 連続殺人犯から生還した17歳の美少女について

調べてみました。

では早速、紹介していきます。

【ワールド極限ミステリー】連続殺人犯シリアルキラーのボビーの生い立ちや現在は?みなさん、こんにちは!管理人のUMIです。 10月21日放送の「ワールド極限ミステリー」では、 17歳美少女VS連続...

スポンサードリンク

シリアルキラーの連続殺人事件とは?

シリアルキラーとは、

  • 連続で人を殺めることを繰り返す
  • 大量に人を殺める

人物に対して、使われる言葉になります。

日本でいうと、殺人鬼という言葉に近いですね。

 

今回、紹介される連続殺人事件の内容をまとめてみました。

1984年に5月13日にアメリカフロリダ州ヒルズボロ郡ダンパで、殺人事件が発覚します。

高速道路の草地を歩いていた少年2人は、ひどい悪臭に気付きます。

臭いの原因を探したところ、腐った人間の死体を発見し、事件が発覚しました。

事件が発覚したあとも、次々と殺人が繰り返され、合計8人の女性の遺体が見つかりました。

  • 1人目:ラナ・ロング
  • 2人目:ミッシェル・シムス
  • 3人目:シャネル・ウィリアムズ
  • 4人目:カレン・ディンスフレンド
  • 5人目:キンバリー・フープ
  • 6人目:バージニア・ジョンソン
  • 7人目:キム・スワン
  • 8人目エリザベス・ラウデンバック

出典:https://images.app.goo.gl/

遺体を調べてみると

  • 性的暴行
  • 殴るなどの暴行
  • 残虐な遺体処理

が行われており、ゾッとするような事件になります。

 

被害にあった女性の衣服に、同じ赤い繊維がついていたことから、連続殺人ということがわかりました。

9人目の被害者、17歳のリサ・マクベイさんも監禁されますが、生還し警察に通報したことで、事件は終焉を迎えました。

8人も被害者が出ましたが、事件が終わってよかったですね。

凶悪な事件が起きている間、危険すぎて、外を歩くのだけでも怖いです…。

スポンサードリンク

なぜリサは監禁されたのに生還できたのか?

シリアルキラーの信頼を得たからです。

監禁直後は、性的暴行を加えられたリサさんですが

なんでもする

とシリアルキラーに告げたことで、監禁が少し緩和され、暴行などもされなくなります。

監禁が緩和されたことでリサは、自分が帰らぬ人となったときのことを考え、あらゆる手がかりを残していきます。

  • 周りのものにたくさん触れることで指紋を残す
  • 自分の髪の毛をベッドの下に残す

などになります。

 

しばらくすると、シリアルキラーはリサさんに車の助手席に乗るよう命じます。

リサさんは目隠しをされ、仰向けになりながらも、

  • 車のシートが白いこと
  • 車内のカーペットが赤いこと
  • ダッシュボードに「マグナム」という文字があること

を証拠として掴みます。

 

途中でATMに寄り、シリアルキラーは人通りのない場所に、リサさんを降ろして立ち去りました。

リサさんとシリアルキラーとの間には、信頼関係があり、生かしてもらえたのです。

 

リサさんは急いで、助けを求め、警察に通報しました。

警察で衣服の検査が行われ、付着していた赤い繊維がシリアルキラーとものと一致します。

さらに、

  • ATMを利用した時間
  • ダッシュボードの「マグナム」の文字

が、証拠となり、シリアルキラーは逮捕されることになりました。

ひどい監禁はされましたが、リサさんは証拠を残すなど、最後まであきらめない行動力はすごいですね。

【ワールド極限ミステリー】連続殺人犯シリアルキラーのボビーの生い立ちや現在は?みなさん、こんにちは!管理人のUMIです。 10月21日放送の「ワールド極限ミステリー」では、 17歳美少女VS連続...

 

スポンサードリンク

連続殺人犯に監禁された17歳の美少女リサの生い立ちは?

出典元:https://www.mirror.co.uk/news

リサさんは、17歳のときはドーナツショップで働いていました。

現在は、ヒルズボロ郡保安官の副官を務めています。

郡の治安維持をする公務員のことです。

日本でいうと、地方の警察官に近いです。

保安官は、高校卒業もしくは専門学校を卒業し、住民の投票によって保安官になれるかが決まります。

リサさんの場合は、高校卒業してすぐか専門学校に行った可能性が高いですね。

連続事件の経験をきっかけに、保安官になったのかと考えられます。

保安官は、治安の維持と共に、事件の捜査なども行うからです。

監禁され、強いトラウマなども残っているかもしれませんが、保安官という立派な職業についていました。

体も心もひどく傷ついたかもしれませんが、現在は社会に貢献している、強い女性になっていました。

17歳のリサを監禁した犯人の正体(誰)は?

ボビー・ジョー・ロングさんになります。

出典元:http://syouji.blog.jp

プロフィールは、以下の通りです。

  • 生年月日:1953年10月14日
  • 出身地:アメリカ・ウェストバージニア州ケノーヴェ
  • 職業:無職

 

ボビーさんは、幼少の頃からよくケガをする子供でした。

  • 5歳のときブランコから転落し頭を強打して、意識を失う
  • 駐車中の車に自転車で突っ込む
  • 7歳のとき、頭から落馬する

などになります。

さらに、思春期になると女性ホルモンのエストロゲンの影響を受け、胸が膨らみ酷いいじめに遭います。

かなり辛い目に、あっていたんですね。

母子家庭で育ったボビーさん。

しかし、ボビーさんが寝ている横で母親は男性を連れ込み、性行為するところをボビーさんは見るという、複雑な家庭環境にもありました。

13歳のときにできたガールフレンドと結婚したボビーさんですが、バイクの事故にあってしまい生死をさまようことになります。

容態は回復したのですが、後遺症により強い性欲がこみ上げてしまい、これがきっかけで妻と離婚することになります。

妻との離婚後も性欲は治ることはなく、連続殺人事件の前には、50人を超える女性を強姦していました。

幼少の頃の家庭環境や事故の後遺症などがあり、ボビーさんをシリアルキラーとさせてしまったのかもしれません。

スポンサードリンク

連続殺人犯の監禁された17歳の美少女リサのまとめ

シリアルキラーの殺人事件とは、複数・大量の人を殺めることを繰り返す事件のことでした。

今回『ワールド極限ミステリー』で紹介される事件は、8人の女性が暴行され葬られるという残虐な事件です。

監禁されながらも、生還することができた、当時17歳の美少女リサさんは、現在はヒルズボロ郡保安官になっていました。

強いトラウマを抱えながらも、地域の治安を守る、立派な職業についていました。

17歳のリサを監禁した犯人は、ボビー・ジョー・ロングさんです。

幼少の頃から、複雑な家庭環境や事故にあった経験などにより、シリアルキラーとなってしまったようです。

いかがでしたでしょうか?

今回は、

『連続殺人犯に監禁された17歳美少女リサの生い立ちは?【ワールド極限ミステリー】』

について紹介させていただきました。

ぜひ、参考にして見て下さい。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!