【カンブリア宮殿】開化堂茶筒の京都カフェの場所や評判は?八木隆裕の年収も気になる!

【カンブリア宮殿】開化堂茶筒の京都カフェの場所や評判は?八木隆裕の年収も気になる!

スポンサードリンク

こんにちはumiです

4月18日の【カンブリア宮殿】

「一度は手にしたい逸品!京都・開化堂の茶筒」です

1個一万円以上する茶筒を

創業140年の京都の老舗「開化堂」でつくっているそうです

茶筒は手づくりで開化堂が創業してから

ほとんど変わっていないそうです

今回はそんな素敵な茶筒作りを受け継いだ

開化堂6代目の八木 隆裕さんが紹介されます

八木さんダンディーですが

結婚しているのでしょうか?

結婚して子供も3人いるそうです(*’▽’)

一時は廃業を覚悟したそうですが

現在は海外でも大絶賛!

京都で人気の開化堂のカフェの経営や

大手電機メーカーと茶筒スピーカーを作っているそうです

そんな老舗開化堂の八木 隆裕さんのWikiや気になる年収

開化堂の京都カフェの場所や評判も調べてみました

スポンサードリンク

  1. 開化堂6代目八木隆裕のWiki的プロフィール
  2. 開化堂6代目八木隆裕の年収は?
  3. 京都の開化堂カフェの場所や評判は?
  4. 開化堂のまとめ

開化堂の6代目八木隆裕のWiki的プロフィール

出典:https://www.tv-tokyo.co.jp

名前:八木隆裕(やぎ たかひろ)

生年月日:1974年 現在44歳

出身地:京都府

学歴:京都産業大学外国語学部英米学科 卒業

創業明治8年 手づくり茶筒屋の息子として生まれた

八木隆裕さん

創業140年の歴史がある茶筒屋 開化堂

名前の由来は

イギリスから輸入された「ブリキ」を使って作り始めたから

その時代が文明開化の時だったからだそうです

開化堂はもともとは

秤屋としてお茶屋さんを回ったいたそうですが

初代の方が手先が器用だったので

お茶屋さんに「試しに作ってみてよ」と言われて

茶筒を作ったのがはじまりだったそうです

「文明開化」そういえば、学校で習いました

そんな時代から

茶筒を作り続けてきたんですね~

長年続けいた開化堂ですが経営が困難にあり

廃業寸前だったそうです

お茶を飲む人が減っていったのにも

原因がありそうですよね

八木隆裕さんは父親から

「跡は継ぐな」と言われていたそうです

しかし、八木隆裕さんは

日本で最も古い歴史を持つ開化堂の6代目として

跡を継がれました

開化堂を継ぐ前に京都のハンディクラフトセンターで

海外の工芸品を3年間販売員として経験を積み

海外のお客さんから

なぜ茶筒を購入したのか?などをリサーチしていったそうです

八木隆裕社長は英語が堪能なので

外国人相手にも仕事が出来たのでここまで成功できたのしょうね

日本ではなく海外の人に目を向けたのが

良かったのですね~

開化堂は心機一転したそうです

スポンサードリンク

開化堂6代目・八木隆裕の年収は?

出典:Twitter

2014年には

「ビクトリアンアルバート美術館」の

パーマネントコレクションに

開化堂の茶筒が!

この美術館には

世界中から集められた

美術工芸品を数多く所蔵する博物館で

絵画・彫刻・金属細工・家具・服飾などが

4万点も展示されているそうです

海外のデザイナーの方も

開化堂の茶筒の雰囲気を出したくて

研究しているようですが

なかなか出せないようです(‘Д’)

開化堂の茶筒は茶筒は100年使える逸品

すーっと蓋がしまる技術を

取得するには長年の経験が必要ですよね

そんな海外でも好評な

開化堂の茶筒は1個1万円以上します

実演販売すると茶筒が1日50個以上売れることも!

八木隆裕社長の年収が気になります

公表はされていませんでしたが

開化堂の職人は少なく

海外からや代々続くの愛好家もいるので

売れ行きも好評でしょうから

八木隆裕さんの年収1000万ぐらいはあるのでは?

と思います

スポンサードリンク

京都の開化堂のカフェの場所や評判は?

出典:Twitter

開化堂は「茶筒を感じていただけるカフェ」として

2016年5月21日に「kaikado cafe(開化堂カフェ)」を

オープンされました

京都の伝統工芸品を若い人に

知ってもらいたいという

開化堂6代目の八木隆裕さんの思いもあるそうです

場所は開化堂から5分南に行ったところで

開化堂カフェの住所は

京都府京都市下京区河原町通七条ル住吉町352

七条駅から320M

☎ 075-353-5668

営業時間

10時30分~19時00まで

編集中です

スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする