三浦雄一郎(登山家)防寒ウェアの値段やブランドは?お茶会やキャンプの食事も気になる!? | umi umi ブログ

三浦雄一郎(登山家)防寒ウェアの値段やブランドは?お茶会やキャンプの食事も気になる!?

スポンサードリンク

こんにちはumiです

登山家・冒険家でプロスキーヤーの

三浦雄一郎さんが

南米大陸 最高峰 アコンカグア(標高6961メートル)

挑戦されているそうです

三浦雄一郎さんは86歳!

86歳で標高6961メートルに登るなんてどれだけ凄い体力が

あるんでしょうか?

三浦雄一郎さんのパワー源は食事

にあるそうです

ベースキャンプでの食事のメニューが気になります

肉食らしいですが・・・

今回の登山では手巻き寿司パーティ

最終アタックの前の晩には

お茶会も予定してるとか

どこのお抹茶なんでしょうか?

そして三浦雄一郎さんに襲い掛かる

過酷な寒さからから身を守るために

着用してる防寒ウェアのブランド ザ・ノース・フェイス

についても調べてみました

スポンサードリンク

  1. 三浦雄一郎(登山家)さんのお茶会とは?どこの抹茶?
  2. 三浦雄一郎(登山家)さんのベースキャンプでの食事は?
  3. 三浦雄一郎(登山家)さんの防寒ウェアの値段やブランドは?
  4. 三浦雄一郎(登山家)さんのまとめ

三浦雄一郎(登山家)さんのお茶会とは?どこの抹茶?

三浦雄一郎さんは1960年代にプロスキーヤーとして活躍され

2013年に80歳7か月でエベレスト登山され

登山家・冒険家として世界的に有名になりました

今回の登山は

2019年1月18日の午後にベースキャンプを出発して

5日間で南米大陸最高峰のアコンカグアに挑戦されます

三浦雄一郎さんはエベレスト登山の時

最後のアタックの直前にお茶会を開いたそうです

その時は「とらやの羊羹」とお抹茶で

疲れた体と心を癒したんだそうです

その時のお抹茶は

「万丈の昔」 20グラムで3000円(税別)のようです

濃い緑色の水色と奥深い旨味が特徴の宇治抹茶なんだそうです

茶器は人間国宝の漆芸術家 室瀬 和美さんが作った木製茶わんだったそうです

今回のアコンカグア登山も

最後アタックの前夜にお茶会を開くそうです

同じお抹茶かもしれませんね

凍えた体を温めて最後まで気を抜かず頑張ってほしいですよね~

スポンサードリンク

三浦雄一郎さんのベースキャンプでの食事は?

出典:https://twitter.com

こちらはベースキャンプでの食事の写真です

サーモンとサラダ

お昼ご飯です

夕食は豚肉のソテーだったそうです

他の日は 牛肉のステーキ

三浦雄一郎さん発案のみそドレッシングのサラダ等があったそうです

どれもとっても美味しそうですよね

バーベキューもあったみたいですよ

ベースキャンプは標高4200メートルの所にあるので

食材はヘリコプターが運んでくるそうです

食材費よりも輸送費が相当かかりそう( ゚Д゚)

出典:https://twitter.com

和食の豚汁もあったそうです

やっぱり和食が一番!なんでしょうね

手巻き寿司も食べるそうですよ

三浦雄一郎さんのウェアはどこのブランド?

次ページへどうぞ

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする