「主人公が持っている独特の田舎もんな感じというか、何色にも染まっていない人がやっと最後に見つかった。シロウトさんだけどまあいいか、と。地元の子であったことも大きい」。