野口喜一郎(北の誉)の和光荘のお宝とは?資産や経歴・Wikiプロフィールは?【今夜解禁!開かずの扉】 | 世の中の知らないことを調べてみます!

野口喜一郎(北の誉)の和光荘のお宝とは?資産や経歴・Wikiプロフィールは?【今夜解禁!開かずの扉】

こんちはumiです

10月19日に放送の

【今夜解禁!開かずの扉

~超カギ開け師が眠れるお宝発掘SP】

小樽にある

和光荘に眠る開かずのタンス

開かれようとしているようです

和光荘とは

「北の誉酒造」の

2代目社長の野口 喜一郎さんの自邸だったそうで

1922年に7年がかりで

建てた洋風デザインの豪邸です

タンスにお宝があるか凄く気になりますよね~

そんな豪邸を建てる程の資産を持っていた

野口 喜一郎さんのことが

もっと気になりますので

野口喜一郎さんのWiki風プロフィール

経歴や資産なども調べみました

目次

  1. 野口 喜一郎(北の誉)さんのWiki風プロフィール・(経歴)
  2. 野口 喜一郎(北の誉)さんの資産や和光荘とは?
  3. 現在の北の誉酒造は?
  4. 野口 喜一郎(北の誉)さんのまとめ

野口喜一郎さんのWiki風プロフィール・(経歴)

名前:野口 喜一郎(のぐち きいちろう)

生年月日:1887年9月18日

没年月日:1972年2月11日(84歳没)

出身地:北海道 小樽市

小樽中学校(後の北海道小樽潮陵高等学校)を卒業された後

旭川市の第7師団に入隊

1980年に除隊後

父親が経営していた野口吉次郎商店を継がれました

野口吉次商店は酒類製造・販売業をされていたそうです

(後の北の誉酒造)

1924年に北海道旭川市旭川に

アルコール製造4社が合併して設立された

合同酒精の相談役として迎えられ

焼酎酒造組合中央会・合成酒組会の役員なども

されていたそうです

野口 喜一郎さんは酒造の社長なのに

お酒が飲めなかったそうですから

ビックリですよね

宴会の席では白湯を飲んでいたそうです

体質的にアルコールが合わないんでしょうか・・・

酒造以外にも

ホテルの建設や札幌自動車道も改修と

平磯岬のトンネル開通のための都市開発

関わったり

スキージャンプの普及の為に

ジャンプ台を作る資材を提供したりと

野口 喜一郎さんの功績は称えられているそうです

スポンサードリンク

野口喜一郎さんの資産や和光荘とは?

出典:https://otaru.gr.jp

小樽にある

野口喜一郎さんの私邸として建てられた

和光荘

敷地およそ5000坪に

木造3階建て一部鉄金コンクリート造りで

豪華な応接室や広い食堂を備えた

アール・デコを基調とする

洋風のデザインの建物です

これが、個人のお宅だったというから驚きです

当時の野口 喜一郎さんの資産は

相当なものだったに違いありませんよね!

金沢の職人や京都の宮大工まで呼びよせて

7年もの月日をかけて

建てたそうです

野口喜一郎さんの和光荘にかける

想いが伝わってきますよね

1950年以降、約20年間宿泊施設として利用されていて

1954年には昭和天皇・皇后陛下もご宿泊されました

現在の北の誉酒造は?

次ページへどうぞ