立川志らくの兄弟子・桂文字助が現在はアル中?若い頃や嫁(妻)や子供は?【爆報!THEフライデー】 | 世の中の知らないことを調べてみます!

立川志らくの兄弟子・桂文字助が現在はアル中?若い頃や嫁(妻)や子供は?【爆報!THEフライデー】

こんにちはumiです

10月12日の

【爆報!THEフライデー】

立川 志らくさんの

兄弟子の桂 文字助さんが紹介されるそうです

立川 志らくさんと言えば

落語以外にコメンテータとしても

引っ張りだこで

活躍されています

その立川 志らくさんの兄弟子ともなると

さぞ、活躍されているのかと思いきや

桂文字助さんは現在酒浸りで

生活保護を受給されてるみたいです

裁判沙汰の騒ぎをおこして

執行猶予になったこともあるとか・・・

若い頃はどんな方だったのでしょうか?

妻(奥さん)や子供も気になります

桂文字助さんのプロフィールと共に

調べてみました

スポンサードリンク

目次

  1. 桂 文字助さんのプロフィール・若い頃は?
  2. 桂 文字助さんの現在は(アル中)?
  3. 桂 文字助さんに妻(奥さん)や子供は?
  4. 桂 文字助さんのまとめ

桂 文字助さんのプロフィール

出典:https://twitter.com/

4代目 桂 文字助(かつら もじすけ)

本名:松田 治彦

生年月日:1946年2月13日(現在72歳)

出身地:東京都江東区(埼玉県大宮市生まれ)

学歴:神奈川県立神奈川工業高等学校

1964年の18歳の時に6代目三升家小勝さんに入門されて

三升家 勝松として活動をはじめたそうです

1966年5月から1967年1月まで

なんと!あの「笑点」で

初代座布団運びとして活躍さたそうです

師匠の打ち合わせ中に、桂 文字助さんが

お茶を運んだ時に

「こいつを座布団運びにどうだい?」と

立川談志さんの一声で座布団は運びに大抜擢されましたが

約1年半後突然

「毒蝮三太夫にやってもらうことになったから」と

言われてしまって

突然の降板宣告を受けたそうです

異例の大抜擢だっただけに

桂 文字助さんも芸に精進していたそうです

それなのに、突然の降板に納得がいかなかったそうです

頑張っていただけに

なんで!という思いは相当ありますよね~

1971年に師匠の三升家小勝さんが

お亡くなりなったので

立川談志さんの門下に移り

立川 談平に改名

1980年9月 真打精進され 4代目 桂文字助を襲名

1983年 談志師匠と共に落語研究会を脱退

立川流を立ち上げ

2015年に立川流を脱退され

文字助組を旗揚げ

(事実上の休業状態)

桂文字助さんは現在アル中?

桂文字助さんは

笑点から納得いかないまま降板されたようで

お酒に逃げてしまうようになったそうです

しかし、お酒を飲むと人が変わり

喧嘩やもめ事もしばしば・・・

立川 談志さんが警察に頭を下げることも

多々あったそうです

師匠に迷惑かけたら ダメですよね~

そんな談志さんにも喧嘩を売ってしまい

居場所がなくなり

落語から離れてしまったそうです

テレビ番組のレギュラーも

お酒によって失ったそうです

収入は減るのに

酒が入ると、きが大きくなってしまい

弟子におごったり

散財したりと

借金を1000万程作って

しまったそうです

借金で首が回らない

桂文字助さんは高齢になり

身寄りもなく、足に疾患もあったので

生活保護を申請して

OKだったそうです

2013年10月から生活保護の支給が開始されたそうです

2014年3月頃、近所の工事の騒音に

腹を立て刃物を持ち文句を言ったそうです

電線を切っ工事を止めさせたとか

そこに来た警察に対しても態度が悪く

在宅起訴

裁判では検事を罵倒

弁護士をバカ呼ばわりしてしまい

懲役1年執行猶予3年の判決が下されたそうです

その後もお酒は飲み続けていたそうです

一日1升飲んでいるそうです( ゚Д゚)

もう、ここまできたら、アル中なんじゃないのか?と

思いますが・・・

スポンサードリンク

桂文字助さんに妻(奥さん)や子供は?

次ページへどうぞ