さくらももこ(ちびまる子ちゃん)の死因は?乳がん!夫(旦那)や家族は?告別式は? | 世の中の知らないことを調べてみます!

さくらももこ(ちびまる子ちゃん)の死因は?乳がん!夫(旦那)や家族は?告別式は?

人気アニメ

ちびまる子ちゃんの原作者

漫画家のさくら ももこさんが

死去されたという訃報が飛び込んできました

毎週日曜日に放送の

「ちびまる子ちゃん」は子供の頃から

大好きで、よく見ていました

さくら ももこさんが

出版されている

エッセイも、面白くて

本当に好きです

残念ながら

2018年8月15日 午後8時29分に

乳がんで亡くなられたそうです

出典:https://lineblog.me/sakuramomoko/

さくらももこさんは享年53歳

まだまだ、これからですよね(>_<)

乳がんはいつ頃

発病したのでしょうか?

さくらももこさんは結婚されていたのでしょうか?

夫(旦那)さんやお子さんは?

さくらももこさんのプロフィールと共に

調べてみました

スポンサードリンク

目次

  1. さくら ももこさんのプロフィール
  2. さくら ももこさんの死因は?告別式は?
  3. さくら ももこさんは結婚して子供も?
  4. さくら ももこさんの亡き後ちびまる子ちゃんは?
  5. さくら ももこさんのまとめ

さくら ももこさんのプロフィール

名前:旧姓 三浦 美紀(みうら みき)

生年月日:1965年5月8日(享年53歳)

没年月日:2018年8月15日

出身地:静岡県静岡市清水

身長:159センチ

学歴:静岡英和女学院短期大学 国文学科

(現・静岡英和学院大学短期大学部)

1984年

在学中に「教えてやるんだありがたく思え」で

デビュー

凄いタイトルですよね

この漫画 むか~し読んだことあります

さくらももこさんの学生時代の話が

書かれていています

いろんな個性的な先生がいて

現在、こんな先生いたら

懲戒免職でしょう!的な話も・・・

1986年【りぼん】で

「ちびまる子ちゃん」で連載開始

1989年 第13回講談社漫画賞

少女部門受賞(ちびまる子ちゃん)

1990年に「ちびまる子ちゃん」が

フジテレビ系でアニメ化されました

「ちびまる子ちゃん」が始まった時は

わくわくして

テレビを観ていたのを思い出します

スポンサードリンク

さくら ももこさんの死因は?告別式は?

さくらプロダクションの発表では

さくら ももこさんの死因は

乳がんだそうです

さくら ももこさんが闘病生活を

送っていたことは

全く知りませんでした

さくら ももこさんのオフィシャルブログは

7月2日が最後でした

集英社の【りぼん】の相田 聡一編集長は

「心よりお悔やみを申し上げると共に、ご冥福をお祈りいたします。このたびの早すぎるご逝去を惜しむ気持ちに終わりはありませんが、まるちゃんとその仲間たちの明るい笑顔は、子供から大人まで、読者の皆様の心の中で、いつまでも変わることなく輝き続けます。さくらももこ先生、ありがとうございました」

とコメントされています

「ちびまる子ちゃん」の

まるちゃんの声優 TARAKOさんは

「『ご冥福を』とか言えないです。頭の中がぐちゃぐちゃです。早すぎます。今はただ先生の分身でもある小学三年生の子に、嘘(うそ)のない命を吹き込み続けることしかできないです。ももこ先生は『ありがとう』しかない恩人です」

とコメントされてます

葬儀と告別式はすでに

近親者のみで行われたそうです

さくら ももこさんのお別れの会は

現在発表されていませんが

ファンの方は

お別れしたいですよね

さくら ももこさんは結婚して子供も?

出典:http://chibimaru.tv/news/entry/2018/005835.html

さくら ももこさんは

1989年の25歳の時に

集英社の【りぼん】の編集者を務めていた

宮永 正隆さんと結婚されました

1994年に長男の

陽一郎君を出産されてます

しかし、夫が

結婚してからすべてのことを仕切って

自分がよく知らない絵のことまで

細部に渡って口を出すのが耐えられなく

なったそうです

それと

宮永さんが毎晩のように

銀座で豪遊して、金遣いも、女関係も

ひどかったこともあったようで

1998年に 宮永 正隆さんとの離婚を発表されました

さくら ももこさんは

2003年に現在49歳の

職業イラストレーターの うんのさしみ さんと再婚

スポンサードリンク

さくら ももこさん亡き後「ちびまる子ちゃん」は?

次ページへどうぞ

スポンサードリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする