福田和子の母の顔・魔性の女はなぜモテた?逃亡中の収入源は?殺害動機は?【直撃!シンソウ坂上】 | 世の中の知らないことを調べてみます! - Part 2

福田和子の母の顔・魔性の女はなぜモテた?逃亡中の収入源は?殺害動機は?【直撃!シンソウ坂上】

福田 和子の逃亡中の収入源は?

さよならも言わずに

松山から逃亡した後は

キャバレーのホステスとして

全国のキャバレーを点々としたり、

モーテルの客室清掃員

料理店などでも

働いたみたいです

印刷メーカーに勤める男性と

同棲生活スタートし

その後、暮らしていた家財道具一式を

もちだして逃げ出した事も・・・

その間、幾度となく

偽名を使い

美容整形も繰り返し

「7つの顔を持つ女」と呼ばれていました

美容整形するにも、かなり

お金がかかりますよね!

スポンサードリンク

福田 和子のまとめ

・1982年 愛知県松山市で

福田 和子は同じ店で働いていた

ナンバーワンホステスの自宅を訪れ

絞殺した

・殺害後に金銭や家財道具を盗んでいたので

金銭目的が動機だったと言われています

・ホステス時代に培った媚態と、

動物的な鋭い嗅覚と、

天才的な嘘・人を惹きつける才能で

魔性の女と言われていました

・福田 和子の息子は「殺人犯かもしれないけど、

ぼくにとっては最高の母親でした」と言っています

・福田 加子は逃亡後

キャバレーのホステスとして

全国のキャバレーを点々としたり、

モーテルの客室清掃員

料理店などでも働いていました

【直撃!シンソウ坂上】で

福田和子の長男が逃亡中の驚きの生活や

最後の姿を話すようです

番組がきになります

最後まで読んで頂きありがとうございました

スポンサードリンク