<そのとき初めてわたしは、立ち止まって考えてみたのである。自分は、何をするために行きているのだろうか、と、この”無常感”を乗り越えるためには、何が必要なのだろうか、と>