2018卓球世界選手権の結果は?女子団体3大会連続メダルなるか? | 世の中の知らないことを調べてみます!

2018卓球世界選手権の結果は?女子団体3大会連続メダルなるか?

こんにちはUmiです

卓球世界選手権女子団体戦の結果がでました!

47年ぶりに金メダルを目指していた日本代表は

金メダルを獲得できたのでしょうか?

スポンサードリンク

目次

  1. 2018年卓球世界選手権女子団体の結果は
  2. 2018年卓球世界選手権女子団体の決勝の詳細
  3. 2018年卓球世界選手権女子団体主将のプロフィール
  4. まとめ

2018年卓球世界選手権女子団体の結果は?

日本代表は決勝で中国と対戦

1勝3敗で敗れ

3大会連続の銀メダルになりました

出典:https://twitter.com/miu_414?lang=ja

1位 中国

2位 日本

3位 韓国・北朝鮮

3位 香港

2018年卓球世界選手権女子団体決勝の詳細

第一試合

伊藤美誠(いとう みま) 対 劉詩ブン

3対2

伊藤美誠選手の逆転勝利

伊藤選手の現在の世界ランキングは7位

劉詩ブン選手の現在の世界ランキングは10位です

2人が戦ったのは2回目だったそうです

伊藤選手は試合後

「すごくいい形でスタートして、そして勝ったことが自信になりました

少しラッキーがあったんですけど、苦しい練習をやってきて良かった」

「毎日楽しかった、そして自分を信じる仲間を信じる大切さを

改めて思われてくれる団体戦。やっぱ大好き」とコメントされてます

第二試合

平野 美宇 対 丁寧

0対3

平野選手はストレートで敗れました

平野選手は世界ランキング6位

丁寧選手は世界ランキング11位

2人は何度か対戦したことがあったそうです

平野選手は試合後

「いいプレーをすればするほど、相手もきっとやりやすくて、

どんどん返ってきた。

結局は自分のミスだったので、申し訳ないですし、悔しい」

「次は勝てるように鍛えます」とコメント

いいプレーをするほど、相手がやりやすいって、

2人とも凄いですよね~

第三試合

石川 佳純 対 朱雨玲

0対3

石川選手はストレートで敗れました

石川選手は世界ランキング3位

朱雨玲選手は世界ランキング2位

「内容的には最悪でチームに貢献できなくて本当に

申し訳ない。すごく悔しい。必ずリベンジしたい

次に向けてしっかり頑張りたい」

もう、次の試合に向けての気持ちがあるんですね~

スポンサードリンク

2018年卓球世界選手権女子団体の選手のプロフィール

次ページへ

スポンサードリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする